代表挨拶

みなさんこんにちは。

食と酒東北祭り実行委員会の藤田です。

第二回食と酒東北祭り開催から、早くも4ヶ月が経とうとしています。
ご来場くださった皆様、出店者並びに出演者の皆様、そしてお祭り開催をサポートしてくださった全ての方々に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

そして、4ヵ月経った今、私たちは「第三回 食と酒 東北祭り」2016年10月15,16日(予定)開催に向けて活動しています。


2011年3月11日。東日本大震災が起きました。

自然災害の恐ろしさを日本が、世界が感じた瞬間だったと思います。


私は、東日本大震災が起きた後に初めて東北を訪れました。

そこには、つらくて目をそむけたくなるような現実がありました。

そこには、東北の未来に向かって着実に歩んでいる人の姿がありました。

そこには、これからも守っていかなければならない大切なものがたくさんありました。

 

「東北を応援したい。」

たったそれだけの思いが、今の私たちを突き動かしています。


私たちは学生です。できることなんて、たかが知れています。

私たちがやっていることは、もしかしたらただの自己満足かもしれません。

でも、私たちは本気です。それだけは揺るぎのない事実です。


私たちのつくるお祭りがみなさんにとって、

東北を知る、感じる、味わう、訪れる、好きになる、そして忘れない。

そんな「東北とつながるきっかけとなる場所」になることを信じて、

何かを変える「きっかけ」になることを信じて、実行委員一同がんばります。


まだまだ未熟な私たちではありますが、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2016年2月14日

食と酒東北祭り実行委員会 代表 

藤田朋花