食と酒東北祭りとは    

「食と酒東北祭り」とは、東北自慢の食と酒を 

その場で味わうことの出来るお祭りです。 

どんなお祭りなの?

年に一度、東北の“魅力”が、

つくばに集まる日。

「食と酒 東北祭り」とは、その名の通り、東北自慢の「食」と「酒」を味わうことのできるお祭りです。企画・運営は全て大学生。ステージでの演目や企画なども充実しており、お酒の飲めない方でも、ご家族全員でもお楽しみいただけます。
さらに、販売のために、東北6県の酒造、食品店の方々がつくばに集結します。味だけではない、東北の方々のあたたかさに直接触れることのできるということも、このお祭りの特徴の1つです。
まさに東北の“魅力”を、つくばにいながら味わうことができる、そんなお祭りです。

 

→「食と酒 東北祭りとは」メニューへ

きっかけは何?

きっかけは、

東日本大震災。

2011年3月11日。東日本大震災は、東北に大きな爪痕を残していきました。
このお祭りが初めて企画されたのは、それから2年以上が経ってのこと。大学生である自分たちが、今できることは何か?東北を応援したい、そのためには何をすれば良いのか?私たちは必死に考えました。そして、たどり着いた1つの答えがありました。
東北とつながるきっかけを、自分たちのいるつくばでつくること。それこそが、今の自分たちにできることではないか―。
そんな想いの下に、「食と酒 東北祭り」は始動しました。

 

→「食と酒 東北祭りとは」メニューへ

第2回の様子は?

10000人が、

東北の魅力に触れた。

2015年10月、第2回の「食と酒 東北祭り」が開催されました。
出店店舗数は、食店舗、酒店舗それぞれ11店舗。ステージ企画では、学内外から15団体の方々にご出演いただきました。
来場者数は約10000人。たくさんの人が、東北の酒や食に舌鼓を打ち、東北の人の温かさに触れました。
「ありがとう」「また行きたいね」「東北のこと、もっと好きになった」―。
たくさんの笑顔と感謝の言葉が飛び交った、そんな2日間でした。

 

→「食と酒 東北祭りとは」メニューへ

今年はどうなるの?

次は、

あなたの番。

今年の10月、お祭りは第3回を迎えます。
前回より多くの人に、たくさんの魅力を伝えたい。そんな想いの下、実行委員会のメンバーは今日も第3回開催に向けて奔走中。
前回いらっしゃった方も、そうでない方も、お楽しみいただける内容を作り上げていきます。
つくばで出逢える、小さな東北。この2日間が、今後あなたが東北とつながっていく、そんなきっかけになるのかもしれません。
実行委員一同、あなたのご来場をお待ちしています!

 

→「食と酒 東北祭りとは」メニューへ